カジノ法案 2018

カジノ法案 2018年までのまとめを知りたい!

カジノ法案 2018
マイナスなイメージもあるカジノ総合型リゾートですが、そのリスクを負ってでも得られる経済効果があると、行政は判断しているようです。
日本でもカジノが楽しめる日が近い将来訪れるのでしょうか。

Leovegasのロゴ

30入金不要
フリースピン
+ ¥70000ボーナス

Netbetのロゴ

30ドル フリーボーナス
!!!
保証金 不要

Eurograndのロゴ

100%
ウェルカムボーナス
最大$100

カジノ法案 2018最新情報

「カジノ法案」のことを、「カジノを合法化するための法案」と思っている人が多いようですが、実はそうではありません。

カジノ法案2018は正確には「IR(カジノ総合型リゾート)推進法案」といい、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備と推進に関する法律」といいます。

このカジノ総合型リゾートとは、カジノを一画に含む多目的エンターテイメントエリア一帯のことを指します。

例えば日本のカジノ総合型リゾートには、MICE施設(展示場や会議場)・ホテル・映画館・ショッピングモールなどが、計画に含まれています。

今回のカジノ法案2018は、この「カジノ総合型リゾート(IR)を作ってゆきましょう」というのが本来の内容になるのです。

ir カジノ総合型リゾートを作るメリット!期待できる経済効果とは

ir カジノ法案
「カジノ法案」によってどんなメリットが生まれるのでしょうか。

なんと言っても一番期待できるのは、経済的な効果です。

日本はシンガポールのカジノ総合型リゾートをモデルにしていると言われますが、有名なマリーナベイ・サンズ含むあの辺り一帯は、まさにカジノ総合型リゾートだと知っていましたか。

カジノ法案ではカジノばかりが注目を浴びがちですが、実はカジノが占める面積は、計画段階でIR全体の3%ほどと言われています。

次に期待できるのは、外国人観光客による経済効果です。

近年、増加し続けている外国人観光客の存在は、日本経済を支える重要な収入源になっています。

カジノ総合型リゾートは、そんな訪日観光客の新たな観光目的になることも目指しています。

最後に期待できるのが、雇用の促進です。

irカジノ産業だけでも、ディーラーやセキュリティなど大量のスタッフの需要が見込まれますが、カジノ総合型リゾート全体の宿泊施設や娯楽施設の従業員となると、膨大な人数になることでしょう。

カジノ法案2018の問題点!反対派の意見とは?

ir カジノカジノ反対派の一番の懸念は、治安問題です。

カジノは昼夜問わず24時間経営する場合がほとんどですが、その性質上もっとも賑わうのは夜です。

深夜まで騒ぎが続いたり、酔っ払いの喧嘩やヤクザの介入などを懸念する声も多く聞きます。

次に聞かれるのは、ギャンブル依存症の問題です。

日本は他国から「隠れたギャンブル大国」と言われているのはご存知ですか。

国別でのギャンブル損失額を見てみると、なんとアメリカ、中国(香港・マカオ含む)に続く第3位の2.7兆円になっています。

でもこれは、あくまでもパチンコを除いた損失額です。

日本人は実はかなりギャンブル好きな国民だったのですね。

これらの懸念が、カジノ法案2018の問題点と言われています。

Leovegasのロゴ

30入金不要
フリースピン
+ ¥70000ボーナス

Netbetのロゴ

30ドル フリーボーナス
!!!
保証金 不要

Eurograndのロゴ

100%
ウェルカムボーナス
最大$100

Scroll to Top