日本初のIR カジノ 場所

カジノ総合型リゾート(IR カジノ)実施法案、通称カジノ法案が2018年に成立して以降、全国各地の地域がir カジノ 候補地に名乗りをあげてきました。日本初となるカジノ総合型リゾートの有力候補地を検証してみましょう。

日本初のカジノ 場所

Leovegasのロゴ

30入金不要
フリースピン
+ ¥70000ボーナス

Netbetのロゴ

30ドル フリーボーナス
!!!
保証金 不要

Eurograndのロゴ

100%
ウェルカムボーナス
最大$100

IR カジノ 候補地の可能性があるのは?誘致候補地トップ9

2019年4月現在、IR カジノ総合型リゾート候補地として有力といわれているのは、以下の9か所です。

  1. 北海道(苫小牧)
  2. 東京(お台場)
  3. 千葉(幕張新都心)
  4. 神奈川(山下ふ頭)
  5. 静岡(牧之原市)
  6. 大阪(夢洲)
  7. 和歌山(マリーナシティ)
  8. 長崎(ハウステンボス)
  9. 沖縄(海洋博公園)

1. 北海道(苫小牧)これらirカジノ 候補地争いの様子を「誘致レース」とも呼びます。
各地域は、それぞれの設備や環境を生かしたポイントをカジノ総合型リゾート候補地としてPRしてる状態です。

例えば、北海道の苫小牧市は北海道の大自然を生かしたエコリゾートを目指していることなど。東京はそのアクセスの良さを積極的にアピールしています。

IR カジノ有力候補地はここ!各地の動きは?

IR カジノ総合型リゾートの関係者の間では、首都圏・関西・地方の3か所に分散する形になるだろう、といわれています。

そしてこの3か所も、一期、二期、三期と、時期をずらして開業する可能性が高いようです。

首都圏で、カジノ総合型リゾート誘致で一番有力なのは東京都といわれており、IR カジノ 候補地には「お台場」が選ばれています。

お台場はすでに世界各国からの観光客を惹きつけており、商業施設やレジャースポットもすでに揃っているといえます。

沖縄(海洋博公園)関西地域では、大阪府「夢洲」にカジノ総合型リゾートができる可能性がとても高いようです。

それだけではなく、夢洲はirカジノ 候補地の中でもっとも有力視されています。

大阪は、府知事も市長もカジノ総合型リゾートの誘致にとても積極的で、すでに本場アメリカのカジノ大手ラスベガス・サンズと会談も済ませています。

地方のカジノ総合型リゾートとして、有力視されているのは、長崎県の「ハウステンボス」です。

ハウステンボス社長の澤田秀雄氏は、「事業者の公募に参加する意思はない」としつつも、行政が決定した場合、全面的に協力する姿勢を示しています。

2019年4月の記者会見で、ハウステンボスの土地と建物の一部をIR(カジノ総合型リゾート)の候補地にすることを、合意・発表済みです。

IR カジノ場所 決定を左右する条件とは?

  • アクセスの良さ

カジノ総合型リゾートで重視されていることの一つに、立地の利便性が挙げられます。

海外からの観光客の玄関口となる、空港や港の存在がとても重要になるのです。例えば、北海道の苫小牧市は、新千歳空港から車で約30分という好立地です。

  • インバウンド効果

カジノ総合型リゾートのカジノでは、日本人に対しては入場制限と入場料がかかる見込みです。その為、訪日外国人の集客がとても重要になってきます。

カジノ 有力候補地日本のカジノ総合型リゾートは、国内観光の増加を促す玄関口になることが期待されています。つまり、外国人観光客にとって魅力的な地域ほどir カジノ 候補地として魅力が上がるわけですが、外国人の訪問都道府県のトップ3は、東京都、大阪府、千葉県となっています。

  • 地域住民の理解

いくら知事や市長がカジノ推進派でも、市民の理解が得られないとカジノ総合型リゾート現実は難しいようです。

ハウステンボスのある長崎県佐世保市では賛成派が反対派を上回る唯一のir カジノ 候補地として注目されています。

Scroll to Top