ir カジノ 意味

国内で話題の尽きないirカジノ。IRの言葉の略の意味、統合施設に含まれる施設、カジノの敷地的な面積、その壮大なコンセプトをわかりやすく説明してゆきます。

日本全国のirカジノ 候補地から選ばれる最初の3箇所の有力候補はどこになるのか、また注目のカジノオープンはいつになるのか、など基礎をしっかりまとめました。これを読めば、ニュースの内容もすんなり入ってくるはずです!

Leovegasのロゴ

30入金不要
フリースピン
+ ¥70000ボーナス

Netbetのロゴ

30ドル フリーボーナス
!!!
保証金 不要

Eurograndのロゴ

100%
ウェルカムボーナス
最大$100

ir カジノ 意味は?なんの略?

IRとは、Integrated Resortの略で、「カジノ総合型リゾート」という意味で使われています。
カジノとその他ギャンブル以外の施設を一括りにしたのが、この呼び名です。

元々、シンガポール政府が、カジノ総合型リゾートを国民に対して説明する際に使った造語なんだそう。

ir カジノとはなんですか?普通のカジノとの違いは?
カジノ総合型リゾート、と言われてもぼんやりしたイメージは思い浮かびますが、実際にはどのような施設があるのでしょうか。

i rカジノ 日本に含まれると想定される施設がこちら。

ホテルなどの宿泊施設

ホテルなどの宿泊施設大規模な会議場や展示施設を目的としたMICE施設
劇場や映画館、美術館などのエンターテイメントや文化展示施設
ショッピングモールやレストラン
国内観光をアレンジ・提供する施設

これだけの施設がある中で、カジノ自体の占有率はたったの3%程度(!)の見込みだそう。
それなのに、ギャンブリングだけでカジノ総合型リゾート全体の実に80%を稼ぎ出せる、というんだから驚きです。

その為、カジノ総合型リゾートではカジノ以外の施設に、とことんコストをかけてサービス向上に務めるんだそうな。

日本のIRは世界最大規模

カジノ 有力候補地カジノ総合型リゾートがいよいよ日本で建設されることになれば、その規模は世界最大級になるだろうと言われています。

例えば新宿にある巨大なワシントンホテルでの客室は1633室ですが、IR内に建設される高級ホテルは客室数2000以上になる見込みで、国内最大級になる可能性は大です。

その他にも、客席数4000以上のエンターテイメント専用劇場や展示面積10万㎡の展示会場などが想定されています。

ところで、シンガポールの代表的なマリーナ・ベイ・サンズの大きな船を載せたような形のホテルですが、あれもカジノ総合型リゾート内のホテルだって知っていましたか。

地上150mの屋上のプールは、シンガポールのアイコン的存在でかなりの観光客を引きつけていますよね。

近年アジアを中心に活発に進んでいるIR事業ですが、大規模なIRになるほど独自性を出して他との差別化を図るようです。

カジノ 日本のおもてなしやパフォーマンスは、どんなものになるんでしょうか。期待したいですね!

irカジノ 候補地は?

ir カジノ 候補地 さて、これだけの大規模な総合型リゾートですから、候補地も慎重に決められています。

最初に3か所ほどでIRを運営し、数年かけて最大10か所する計画のようです。
その中でも2019年4月現在でもっとも有力な候補地は、大阪とされています。

当初から大阪市長はir カジノ 候補地として乗り気であったようですが、昨年11月に2025年の大阪万博の開催が決定したことで、さらに可能性として高まっているようです。

他の2か所ですが、こちらはまだ先行きはわからない状態。

ただ、日本の ir カジノ 候補地は一箇所に集中せず3か所に分散させるだろう、というのが関係者の読みのようです。

となると、残り2つのカジノ 有力候補地は、首都圏(東京・千葉・神奈川など)と地方(北海道・長崎・沖縄など)などが有力なのでは無いでしょうか。

irカジノ いつオープン?具体的な日程は未定

カレンダー2025どうでしょうか、少しだけirカジノ日本のイメージが湧いてきませんか。想定案はこれだけ上がっていますが、ir カジノ いつが開業日になるかは決まっていないのが現状です。

早くても2025年以降、実際に一般公開されるのはまだ先の話になりそうです。国内にまだカジノ自体に悪いイメージがあるのも現状です。
慎重に議論を進めていって、国民に歓迎されるオープンな施設になる

Scroll to Top